近年流行しているボストン型

顔型に合ったメガネの選び方

おしゃれだと思ってかけてみても自分には全く似合わなかった、ということがありますよね。メガネは、そのフレームの形によって似合う人と似合わない人がいるのです。まず、顔が丸顔の人は、縦に比べて横の長さが大きめなので、全体がやわらかい印象でしょう。メガネでは、スクエアを選ぶと顔がスッキリと引き締まって見えます。

面長顔の人は、ほっそりとしたフェイスラインです。メガネでは、縦方向に幅がありカジュアルな印象であるウェリントンや厳格なイメージのフォックスが似合います。三角顔の人では、あごの辺りがシャープな形なのでそのフェイスラインをいかしたものがいいでしょう。メガネでは柔らかいボストンやオーバルが合っています。四角顔は、直線的できれいな形なので曲線を用いたオーバルがいいでしょう。

おしゃれなフレームのボストンとは

最近よく見かけるメガネのボストンが気になっている人も多いのではないでしょうか。ボストンは、その名のとおり昔アメリカのボストンで流行っていたようです。形は丸い逆三角形の形ですが、まん丸の「ラウンド」と楕円形の「オーバル」との中間の形と言えるでしょう。丸く優しいイメージがあるので、女性に人気がありますが、おしゃれに敏感な男性にも選ばれています。

ボストンは全体に丸みがあり、中でもクラシックなタイプでは、ナチュラルテイストの服やゆるふわのヘアスタイルに合うでしょう。また、かけた人の印象を和らげるので、ファッションアイテムの他、ビジネスシーンでも活躍します。シャツやジャケットなどといった、きちんとした服装に合わせると洗練されたイメージになります。