面長に合うメガネフレーム

顔の長さをカバーしやすい!ウェリントンタイプとボストンタイプ

面長の方がメガネのフレームを選ぶ時は、ウェリントンタイプやボストンタイプなど、フレームのタテのサイズが長めのものをチョイスするのがおすすめです。ウェリントンタイプは角に丸みがある四角形のフレームで、顔の輪郭をシャープに見せてくれます。タテ幅が長いので、顔全体を短く見せてくれる効果もあります。ベーシックな形で、どんな人にもマッチしやすいフレームです。ボストンタイプは丸に近い逆三角形で、タテ幅もあり、ウェリントンタイプと同じように顔の長さも自然にカバーしてくれるデザインとなっています。また、丸っぽい見た目で柔らかい雰囲気もかもしだしているフレームなので、優しい印象を演出したい時や、可愛らしいメガネを探している時にもぴったりです。

変わったデザインもアリ!アンダーリムタイプとスクエアタイプ

ほかにはアンダーリムタイプやスクエアタイプのフレームなども面長の方におすすめできます。フレームがレンズの下のみを覆っているアンダーリムタイプは、メガネの下部分に沿って線がひかれたような印象を与えるため、顔のタテの長さが気になりにくくなるという特徴があります。変わったデザインのメガネなのでほかの人ともかぶりにくく、アイメイクが見えやすいため、かけている人の目の美しさをひきたててくれるフレームです。スクエアタイプは横長の四角形というデザインで、面長の方の場合はタテのサイズも長めのものを選ぶと、より洗練された雰囲気をまとうことができます。こちらのメガネをかけるときっちりとした印象を抱かれやすいため、職場やフォーマルな場所でも使いやすく、一本持っているとなにかと便利です。